エントワインド・ウィズ・ユー上巻(ベアード・トゥ・ユIII)【ベルベット文庫】

  • シルヴィア・デイ (著)
  • 中谷 ハルナ (翻訳)
  • ベルベット文庫
  • 発売日:2014/02/20

エントワインド・ウィズ・ユー上巻

世界中で大ヒットとなったベアード・トゥ・ユーの第三章となるエントワインド・ウィズ・ユー上巻のレビューです。

まず、第一章『ベアード・トゥ・ユー』第二章『リフレクテッド・イン・ユー』今回で第三章となる『エントワインド・ウィズ・ユー』となっております。

前々から気になって気になって、結局まだ読んでおりません(泣

 

あらすじ

ティーンエイジャーだったエヴァに、繰り返し酷い行為を強い、彼女の人生に暗い影を投げかけていた義兄ネイサンは死んだ。ギデオンが自分のために払ってくれた犠牲の大きさを思うと、エヴァの心中には言い尽くせないほどの愛が膨れあがる。だが同時に、彼女のことを考えて計算ずくで距離を置いたギデオンに、エヴァの心は傷ついてもいた。ギデオンの周辺を執拗に探る女性レポーターも現れて…。物語は佳境に入り、サスペンスフルに展開。シリーズ第三章。

 

今回は他力本願に、様々なレビューを参考にしてみます@^^@

amazonの声

今回もドキドキする文章と切ないストーリーがステキでした。
早く続刊が読みたいです!!

これは期待できそうですね。

ネットの声

ギデオンの行動の謎が明かされつつあるけど、次から次へと二人に問題や試練が。前作で離れて地獄を感じていた部分を取り戻すかのように、上巻はいちゃいちゃが多い。でも、キュンキュンと読まずにはいられない…♪

ホットさはあるようで、ますます読みたい作品です。でも第一章のベアード・トゥ・ユから読まないとだめかなー。

3部作で終わりだと思って「エヴァとギデオン」の2人が幸せになるんだろうなって思っていたら、後書きを読んだら5部作までひっぱるとは・・・「フィフティ・シェイズ」のように3部作くらいが丁度いいと思うんだけど。 今回の上巻はそんなに内容があったようには思えないよ~?無理やり話しを伸ばしている感じがするし。 うーん、微妙な感じ

5作まであるのですね・・、これはゆっくり読んでいきたいです。

上下巻読み終わって・・・面白かった!しかしエロ場面が多すぎて胸焼けしそう。エロを1/3減らして、両親やケアリーのことをもっと書いてくれてもよかったんじゃ。それは次巻以降か?

エロ場面が多すぎ!悪くないと思います。ホットロマンスが好きな人には。

次々と二人に襲い掛かる事件やハラハラする展開が個人的には好きなので、ただただいちゃつくばかりよりは何かしらのトラブルが起こる恋愛模様が見られる作品は素敵だと思います。
ただ5部作とすることにして、事件やトラブルを引き起こして話を伸ばし伸ばしにしているようにも思えなくもないですね。これは作者の意向というよりは、出版社の狙いがある程度あるのかなと感じました。

そうです。ただホットなだけじゃなくて、ベースがしっかりしてそうなところがこの作品に期待できるところ。AVじゃないのですから、しっかりしたストーリーが肝心。