ホットロマンスは『女性向け官能小説』に形を変えた?

昨今、『女性向けの官能小説』という趣旨のサイトをよく見かけます。

また、様々な方の文献でも

「ホットなラブロマンス小説、つまり官能小説」

と言うフレーズをよく見かけます。

 

もともと女性向けのエッチな小説は『ホットなロマンス小説』と定義されておりましたので、もしかしたら男性と同じく官能小説というククリになってしまったのでしょうか?

それとも過激なエロティック表現がある場合、作品中のエロティックシーン割合から官能小説というククリになるのでしょうか?

 

実際に女性向け官能小説と銘打つサイトをいくつかご紹介しますので貴女が思うホットロマンスと何が違うのかご自分の目で確認してみるのも面白いかも?

 

では、女性向け官能小説サイトのご紹介です。

 

女性の為の官能小説LC

ラブコスメティック販売のLCが運営するサイト。女性向け官能小説の他にも漫画や動画などもあります。

女性の為の官能小説

ユーザー投稿型の官能小説サイト。ですが、現在は新規投稿を受け付けていないようです。書籍化にもなるほどの濃厚作品多数。

萌木ケイの官能小説

愛と官能をテーマにした作品群。投稿作品になりますが、読む際に登場人物の名前を自分の決めれるので感情移入がしやすいですね。

官能小説【女性専門官能小説】

女性の作家のみが投稿できる女性向け官能小説サイト。元々男性向けの風俗紹介サイトの1コーナーであった官能小説ですが、人気が出たことから官能小説専門サイトとして独立したようです。女流作家が書く官能小説群をお見逃し無く。

 

各サイトのリンクも濃厚ですので、女性向けの官能小説サイト探しが無限に広がると思います。

是非一度ご覧になってみては?

コメントを残す